ブログ完全移行

http://d.hatena.ne.jp/nanashi_g/

お試しで使っていた上記ブログ、使い勝手が馴染みよかったので、このたび完全移行することにしました。
こちらのブログは今のところ残しておきますが、更新はとまります。特撮関連の記事は新しい方に移植したので、もしよろしければお運びくださいませ。
移転先では、現行特撮の感想などもアップしております。こちらでやってたよりは更新早いです。(苦笑)
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-21 13:33 | 徒然・日常

ブログ引越し計画

なんとなく、ブログを引越ししてみようかと思います。
新ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/nanashi_g/

まだまだ移行作業中でしばらくろくな記事もないかと思いますが、よろしければお運びくださいませ。
日記ネタは減って、特撮ネタメインになる予定。
今でも大して変わりませんが。(笑)
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-15 15:26 | 徒然・日常

[カブト]今気付いた。

そうか、7年前に隕石が落ちたってことは、1999年なんですね。
…ノストラダムスの恐怖の大王かよ…!
今まで気付かなかったのもアレだけど。あああ。

「ヒヒイロカネ」だの「タキオン粒子」だの『胡散臭くもよく聞くSF用語』的なものをやたらと散りばめてあるなぁ。その辺、白倉Pはフォークロア等にも詳しいと聞いた事があるので、他にも色々出てきそう。
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-10 14:09 | 趣味・特撮

キャラの名前

カブトはその名のとおり、甲虫をモチーフにしたライダーである。

甲虫ライダーといえば、ストロンガー。

ストロンガーといえばタックルは外せない。

タックルは天道虫がモチーフ。

故に、カブトの主人公の名前は「天道」である。

…な~んてな…。

以下、仮説。

--------
名前については、天道が自分で言っていた「天の道をゆき総てを司る」ってのが暗喩になってそうかな、と思ってます。つまり、名前の漢字や言葉の意味自体が、劇中の役割までも表現しているのではないかと。少なくとも、天道と加賀美についてはそうだろうと思います。

天道は自分で言っちゃってるので割愛するとして、「加賀美」は「鏡」なんでしょうね。天道を映す鏡です。
カブトに選ばれた天道と選ばれなかった加賀美。一人我が道を行く天道と、組織に所属する加賀美。対照的な位置に置かれた二人の立ち位置が、対照の像を結ぶ鏡と通じるものがあります。「総てを司る」天道に対して、加賀美が「鏡」の立ち位置でなく「新しいもの」となれるかどうか。

ここからグループ分けになるのですが、「天道」とその鏡である「加賀美」が「天(陽)」のグループ、そして「日下部ひより」「天道樹花」「岬祐月」「田所修一」「竹宮弓子」は「地」のグループになるのかなと。
おそらくマスクドライダーシステムを使えるのは「天(陽)」のグループになり、そうでない人間は「地」のグループになるのではないかと。

「天道」はそのまま「天(陽)」ですね。天道(てんとう)とは、日本における太陽神の意味もあるそうなので、太陽を意味するのかと。
「加賀美」は先に書いたとおり「鏡」ですから、太陽である天道を反射して擬似太陽を演じるということで「天(陽)」グループということですね。

次に「地」のグループ。
同じ「天道」の名字を持つ樹花は「樹」と「花」ですから、地上に根ざすもの。
「岬祐月」は、地面が海へ突出した突端ということで、これも地上のもの。
「田所修一」は「田」だし、「竹宮弓子」は「竹」という植物、そして「宮」=建物でやはり地上のものでしょう。

「日下部ひより」はちょっと微妙だと思っていて、「日」=陽が入っているので「天(陽)」グループかと思ったのですが、「日の下」だから、「地」グループかと。
名前の意味としては、「ひより」には「アシの茎の内側にある薄い皮」という意味もあるそうなので、植物属性でギリギリ地上かな。ただ、「ひより」が「日和」だとすると、「太陽と和するもの」ということで、「天」と「地」の掛け橋になるかも、という気はしています。

「岬祐月」も「月」ということで「天」側かとも思ったのですが、『「祐」は天の助けを意味している』そうなので、天の助けを受ける月ってのはやっぱり「地」側かな~と。それと、やっぱり太陽と月は同じ場所には居られないってことで。
また「岬」は「御先」とも置き換えが効き、「あちら」と「こちら」の境界線でもあるので、マスクドライダーシステム、ひいてはワームや隕石の謎に、「地」のグループの中でもっとも近づく者、という予想もしてみます。(これは穿ちすぎか?)

さて、どんなもんでしょ。
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-08 19:31 | 趣味・特撮

父性不在の物語

いい加減、響鬼カテゴリを作った方がいいんじゃねーかという気がしてきました。まあいいや。

『響鬼』が最終回に向けていろいろ盛り上がったり、サプライズがあったりした中で1、2を争ってビックリし、かつ納得したのが『ヒビキには師匠がいなかった』ということでした。

納得した理由については割愛しますが、更にそれとは別に、友人S氏からのこの言葉にものすごい天啓を受けました。

>ヒビキに師匠がいないことについては、弟子たちに父親がいないこととシンクロしました。

明日夢は両親の離婚という形で、現在傍に父親がいない状況で、京介は父親を火事で亡くしています。父親というのは、こと特撮ヒーロー番組においては、「乗り越えるべき壁」としての扱いをされる事が多く、その意味では明日夢も京介も『壁を乗り越えようとしても、乗り越えるべき壁がいない』状況として描かれています。この場合の「乗り越える」というのは、捕らわれているわだかまりを「乗り越える」ということでもあるのですが。

また、鬼の師弟関係というのは、トドロキとザンキを通して、やはり「師を乗り越えていくもの」として描かれています。鬼の師弟関係を擬似的な親子関係とするならば、師は『父親・父性』として置き換えることが可能かと思います。
そうすると、ヒビキ自身にも『父親』、つまり『乗り越えるべき壁』が不在ということになるのですね。

明日夢は父親が作りかけていた犬小屋を完成させることによって、父と高めあう道を見つけ、京介は鬼の力を得て人を助けるという道に進むことで、人助けの道で命を落とした父親に追いつくことができた。共に、父親という影を通して、自分が捕らわれていたものから抜け出し、一歩成長しています。

一方ヒビキはというと、ずっと拒否しつづけていた弟子を取り、また自らが続けてきた「鍛えている」背中を弟子たちに見せることによって、『師としては至らなかった(なろうともしていなかった)自分』を乗り越えているんですよ。これは、やはりヒビキにとって大きな成長といえるでしょう。

こうして考えると、太鼓師弟は揃って「父親越え」を果たしているわけで、『仮面ライダー響鬼』という物語は、少年の成長物語と銘打ちつつ、実際はヒーローであるヒビキ自身の成長さえ描いた、成長譚だったのだなと、感慨深く思ったりもします。
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-08 15:11 | 趣味・特撮

夢の競演!

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kaspe/

2/7放送「アニメソングカウントダウン2006」にて、

-----
▽藤岡&細川ライダー夢の競演
-----

らしいぜ?

ひゃほー!
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-07 12:40 | 徒然・日常

続編。

個人的には『響鬼』という物語は、ある意味TV最終回で完結してると思ってるので、ヘタに「続きを」とか、「スピンオフを」ってのはいらないと思ってるんだけど、どうか。続編は所詮本編を越えられないものの方が多いし。
確かに、続編とかスピンオフを続けやすい設定の話ではあると思うけど、それはファンがそれぞれ心の中で作ればいいと思うんだ。うん。

タイムリーなんで『響鬼』を例に出しているけれども、基本的にはどの作品に関しても似たような感覚は持ってます。もちろん成功する例も少なからずあるでしょうが、「続編」と聞くと、つい身構えてしまうんですね。

個人的に、『踊る大捜査線』の最初のTVスペシャルまでは良かったけど、その後がどうにもずれていっていて、悲し切ない思いをしたのがあるので、それが効いてるのかも。その後、『踊る~』シリーズでは『交渉人 真下正義』はスピンオフとしてよくできてたと思うので、やっぱり、時流とか色々合わさって、いいものができるときはできるんだろうな、というのは解ってるつもりです。
[PR]
# by nanashi_g | 2006-02-02 13:26 | 徒然・日常

スーパーヒーローライブ!

行って来ましたよ、スーパーヒーローライブ。本場・東京に。
ヒーローショーもおもしろかったんですが、基本的には今回は役者さん目当て。細かいレポ等はよそのサイトさん参照で宜しく。(笑)
個人的には、イベントとしてはグダグダだったけど、土曜日の方が伸び伸びしてておもしろかった。(笑)

土日1回ずつ行ったんですが、日曜の回は、飛行機の時間が押し迫っており、トークの途中で退場する羽目に。キャストのみなさん、周辺の座席の皆さん、ホントすいません!

↓さて。以下反転。ちょっと個人的にも嫌なことを書いてる自覚があるので、読むのは自己責任でよろ。
------------
とりあえず、細川さんは結構いろいろぶっちゃけすぎかも、と思った。
この後、毒舌で売れるキャラになるか、口が災いするかはちょっと心配だと余計お世話なことを思ったり。

------------
[PR]
# by nanashi_g | 2006-01-30 11:51 | 趣味・特撮

おもしろいデータ3

おもしろいデータ2」更に補足。

-------------------------
<仮面ライダー響鬼(ヒビキ) 全48話>
第01話…8.6% 第02話…7.0% 第03話…7.9% 第04話…6.4%
第05話…6.8% 第06話…7.2% 第07話…8.0% 第08話…8.5%
第09話…8.3% 第10話…6.2% 第11話…8.0% 第12話…8.1%
第13話…8.2% 第14話…9.2% 第15話…7.4% 第16話…8.8%
第17話…8.7% 第18話…8.2% 第19話…8.8% 第20話…9.2%
第21話…7.9% 第22話…8.0% 第23話…8.5% 第24話…8.5%
第25話…6.8% 第26話…9.5% 第27話…7.2% 第28話…7.4%
第29話…6.5% 第30話…9.0% 第31話…8.9% 第32話…8.1%
第33話…7.6% 第34話…9.7% 第35話…10.0% 第36話…9.4%
第37話…8.4% 第38話…9.6% 第39話…8.8% 第40話…7.9%
第41話…8.2% 第42話…7.1% 第43話…7.9% 第44話…8.1%
第45話…8.8% 第46話…6.6% 第47話…8.3% 第48話…10.7%
-------------------------

最終回が最高視聴率!
[PR]
# by nanashi_g | 2006-01-24 13:01 | 趣味・特撮

井上氏に燃え。

2ちゃんねるから拾ってきた、1/20前後発売の響鬼関連ムックのネタより。
本文見てから書こうかと思ったけど、ガマンしきれずに。
一応、ネタバレ考慮、及び、実際に自分で確認してないので反転で。
# と思ったけど、自分でも確認したので反転解除。
-----------------
白倉のアンケートで「尊敬できる大人は?」の問いに
「井上俊樹。無理を押してお願いに伺った時、『お前の頼みは聞く。
そういうものだろ。』と一言。並の人間に吐ける台詞ではありません。」
-----------------

そ、そこに痺れる憧れるぅぅぅぅっ!
[PR]
# by nanashi_g | 2006-01-23 10:56 | 趣味・特撮